打倒!金持ち父さん〜戦略的金持ちへの道〜
打倒!金持ち父さん  サイトマップ  お気に入りに追加

『ライブドア問題』のまとめ



おっさんは、

堀江社長を一個人として、凄い人物だと思っております。

『完璧な人間』なんて世の中に存在しませんし、

どんな人間にも良い部分・悪い部分が必ず!共存しております。


スポンサード リンク



堀江社長でいえば、

・ゼロからあれだけの会社を10年間で築き上げた!

・ラジカルな企業経営!

・自分の意見をはっきりと言う!

 (普通、なかなか周りを気にしてしまい、言えないものですよね?)



 などなど。。

今後、

ライブドアがどうなろうと、

『起業』という面では、ほとんどの上場会社の社長さんよりも、

堀江社長の方が実績があると言えるでしょう。

サラリーマン社長と創業者社長とでは、

『天と地の差』が存在すると思いますから。。



おっさんを始めとして、

現在、

ここぞ!とライブドア&堀江社長をバッシングしている批評家の人も、

堀江社長のように、

「お前に上場企業を立ち上げられるのか?」

 と、言われたら、大部分の人ができないでしょう。

(おっさんにはできませんっ!笑)

自分にない能力を持っている人がいたら、

その点については、評価することがフェアだと思います。


スポンサード リンク



また、

おっさんは投資家として、

堀江社長のM&A実績における、『買収先企業の選別』

つまり、『投資対象の選別能力』を高く評価しておりました。


堀江社長はこれまで、

M&Aによるライブドア本体との『シナジー効果』という視点だけでなく、

常に、『割安な値段』で企業買収を行ってきました。

この点は、

同じようなM&Aを行っている、楽天とは異なりますね。


投資における『成功条件』は、大きく分けて、

・投資先が投資対象として的確か?

・投資に必要な値段は割安か?


 の2つであります。

おっさんは客観的に、

彼は、この2つを守ってきた!と評価しております。


しかし、

今回のライブドア問題を一言で言えば、

時価総額世界一への『過程』が、

『法律』と照らし合わせて、「やり過ぎていた!」


 ということだと思います。

また、

事件がすべて解明されているわけではないことから、わかりませんが、

「粉飾決算まがい」のことまでする必要があったのか?

急ぎすぎ!じゃないか?

 と、思います。


スポンサード リンク



今後、堀江社長がどうなるのか?おっさんが知るよしもありませんが、

どうか今回の件を糧に、

今後もあらゆる面で頑張って欲しいと思います。

もし、刑罰が下された場合でも、

刑期をまっとうして頂き、再度、這い上がってきて欲しいと思います。

堀江社長には、

いい意味でも・悪い意味でも、

日本を変える!日本を呼び覚ます力がある!と思いますから。

各マスコミも、

今回の件で手の平を返し、

堀江社長をバッシングするのはおかしいと思います。

・悪い部分は悪い部分で取り上げ

・良い部分は良い部分で評価すべきだと思います。


堀江社長には、

おっさんを含めた一般人にはマネをできない能力がありますし、実績もあるのですから。

いずれにしても、

おっさんはライブドアを引き続き見守っていきたいと思います。

出る杭は叩かれる!



※参考:おっさんは、
2001年9月、『100万円の軍資金』で、投資をはじめました♪

 おっさんの『お金持ちへの道』途中経過♪
  → 『運用成績』、『配当金』、『不労所得グラフ♪』 『年度別運用成績』 『投資先投資レポート
  『当サイトの運営方針』 『自己紹介』 『メディア掲載履歴


※日本の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 → 参照:『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。


金持ちへの勉強部屋』へ戻る!!





Copyright (C) おっさん. All rights reserved.