打倒!金持ち父さん〜戦略的金持ちへの道〜
打倒!金持ち父さん  サイトマップ  お気に入りに追加











貸株サービス』のメリットデメリットを徹底分析♪

配当金』に加えて『貸株料』を受け取れるが、

税制面』で大きな『デメリット』がある!!

貸株』徹底分析♪




〜『貸株サービス』のメリットとデメリットを徹底分析♪〜




スポンサード リンク




○ご質問


極東船長です。


『貸株サービス』に関して、


マネックス』では、

『預株料』が発生することはないのでしょうか?




『貸株』とは、

『現物株』として預けたものを、


同一証券内での

『空売り』の際に発生した

『逆日歩』の配当みたいものでしょうか?

『預株料』が入ると面白いですね。



以下、コピー貼り付け文面です


>SPDR S&P500 ETFは、

松井証券で預株することで預株料を得られます。


参考までに、

9月〜11月の3ヶ月間のSPDR S&P500 ETFの預株料を確認すると、


『1口あたり269.85円』となり、


3ヶ月に一度の配当金にかかる『外国税の12.39円』はおろか、

『配当金の123.90円』をも上回りました。


ただ、『預株料』に関しては、

いつどれくらい発生するのか?

『予測不能』なところがあります。




9月には『預株料0円』だったのが、

10月には『1口あたり227.8円』発生しました。


つまり、全く発生しないこともあれば、


1月のうちに3ヶ月分の配当を上回る預株料が発生する!!

 こともあるのですが、


『預株料』を加味して検討すると、

『外国税』の影響が微々たるものに思えます。




                     Quetion by 極東船長さん


※参考:おっさんは、2001年9月、『100万円の軍資金』で、投資をはじめました♪

 おっさんの『お金持ちへの道』途中経過♪
  → 『運用成績』、『配当金』、『不労所得グラフ♪』 『年度別運用成績』 『投資先投資レポート
  『当サイトの運営方針』 『自己紹介』 『メディア掲載履歴』 『金持ちへの戦略



スポンサード リンク




○ご回答


極東船長さん、

『不動産投資の金利上昇リスク』を『米国株』で回避!『米ドルの将来価値』を分析♪

 に引き続き、

金持ちへの相談所』へ『素晴らしいご相談』を下さり、ありがとうございます♪



今回は、

『貸株』の『メリット』と『デメリット』

 について徹底分析していきたい!!
と思います♪


貸株サービスを活用できるネット証券



まず、、


『保有株』を『証券会社』へ貸し出す!!ことで、


我々、個人投資家にとっては、

 → 
『貸株料』を受け取れることで、

 → 
新たな『収益源』となります♪



『貸株料』の『原資』ですが、、

『信用売り』をしたい投資家へ!!

 → 『株式』を貸し出すことで、

 → 
『貸株料』を得ることができます♪


(同一証券外にも貸出しされるようです。)



さらに!!


『株式銘柄』によりますが、、


『貸し出す株式』が『不足』した!!時に、、

『逆日歩』
という『追加コスト』が発生している場合は、


『貸株料』をさらに受け取れる!!場合もあります♪



つまり、、

『貸株料の相場』は、

 → 『銘柄』によって異なる!!

 → 
『銘柄の人気』や『流動性』によって左右される!!

 ということですね♪




>『マネックス』では、

『預株料』が発生することはないのでしょうか?



さて、現在、


『貸株サービス』は、

『マネックス証券』をはじめとして、

ほとんでの『大手ネット証券』において活用することが可能です♪


米国株へ投資するならマネックス証券が最強である!7つの理由とは?


(マネックス証券が最初に始めた!!サービスのようです♪)



『貸株サービス』の『最大のメリット』としては!!


『貸株料』を受け取る!!ことができます♪


『貸株料』の相場としては、、、

 → 
『0.1%〜0.5%』程度です♪


『配当金相当額』を受け取る!!ことができます♪


『株主』ではないので、、

『正式な配当金』は受け取れませんが、、


『配当金』と『同じ額』を

 → 『配当金相当額』
として受け取れます♪



しかしながら、、


『貸株サービス』の『デメリット』としては、、


『株式』を『貸出し』している!!以上、、

 → 
『株主の権利』を失います。。泣


つまり、、


『議決権』の『行使』ができない!!

『株主優待』を受け取れない。。

 ことになります。。泣


『株主優待』に関しては、、

『株主優待の基準日』が近づいたら、、

 → 『貸株』を一時ストップする!!


 という方法で、受け取ることが可能です♪




さらに!!


『貸株サービス』の『最大のデメリット』は、、

 → 
『税制』における問題です。。



『貸株サービス』において受け取れる!!


・『貸株料』

・『配当金相当額』


 に関しては、、


『雑所得』となってしまい、、、


『株式投資』における『損益通算』ができない!!
 
 という『デメリット』があります。。泣




加えて、、、

『雑所得』ですから、、


『20万円』を超えてしまうと、、

 → 『確定申告』が必要となり。。泣

 → 
『総合課税』対象となってしまいます。。大泣



・『株式投資の税制』では、、

 → 『20%』課税ですが、、、




・『総合課税』ですと、、『収入』によっては、、

 →
 『最大55%』課税になってしまう!!

 のです。。大泣



日本の所得税を徹底分析♪所得税率を見れば『資産運用』こそ金持ちへの近道♪

株式投資の損益通算で行う『節税法』を徹底分析♪『含み損』が税金を取り戻す!

金持ちのための税金節税特集♪

 にて徹底分析しました通り、、



『給与所得の最大税率』が『55%』である!!



一方で、、

『株式投資』の『大きなメリット』として、

 → 『20%課税』である!!

 → 『損益通算』が可能!!

 ということが挙げられます♪



そこで、、


『貸株サービス』は、、

 → 『雑所得&総合課税』


 という『点』において、、


『株式投資のメリット』を『相殺』してしまう!!

 のです。。泣









いかがでしょうか??




『貸株サービス』は、、


我々、個人投資家にとって、

 → 
『新たな収益源』になる!!という点で、


素晴らしい制度だ!!と思いますが、、



『出口戦略』として、、、

 → 『税制』までみる!!と、、、


『貸株サービス』の『デメリット』は、、

 → なかなか大きい!!ですね。。大泣



なので、

『貸株サービス』を賢く活用する!!には、、



『確定申告』をしない方限定で!!

『損益通算をしない年』限定で!!



『年間20万円以下』の『お小遣い稼ぎ』程度にする!!

 ことが『鉄則』になります♪




『株式投資』において『損失』を確定している年においては、



『配当金』と『損益通算』する!!ことで、


『配当金』で『源泉徴収』された。。

 → 『20%の税金』を取り戻すべきだ!!

 と思います♪



>『SPDR S&P500 ETF』は、

松井証券で預株することで預株料を得られます。


『SPDR S&P500 ETF』


つまり、、

『SPY』で『貸株料』を得る!!ためには、、


SPY株投資分析♪アメリカの超優良企業へ分散投資!!

海外ETFの賢い投資法♪



『外国株』では、

 → 『貸株サービス』を活用できません!!から、、泣



『海外ETF』として、

米国株』の『SPY』へ投資する!!のではなく、


米国株投資で1億円を目指そう!!

すべての日本人が米国株投資をすべき理由とは?



『日本株』として『東証』に『ETF』として上場している!!

 → 
『1557 SPDR S&P500 ETF』

 へ投資する!!必要があります♪



>ただ、『預株料』に関しては、

いつどれくらい発生するか『予測不能』なところがあります。



たしかに、、

極東船長さんのご指摘の通り、、


『預株料』は、

『信用取引市場』における『需要』によって!!

 → 左右されてしまいます
から、、泣


『収益予測不能』という『デメリット』もありますね。。汗



さらに、、

『貸株』に出してしまうと、、、


『証券会社の分別管理』の『対象外』になってしまう!!

 ようですから、、汗


『万が一のリスク』が生じてしまいますね。。泣


銀行は危険だが、証券会社は安全である!!理由♪




しかし、、

『総合』して考える!!と、、


やはり、、

『貸株サービス』は、、

『税制面』における『デメリット』
が想像以上に大きい!!

 と感じました。。泣




いかがでしたでしょうか??



極東船長さん!!

皆さんの参考になる!!

ご相談を頂きありがとうございました♪



『資産』を守り、増やしていくために!!!

どうかご一緒に頑張っていきましょう♪




今後とも、ご相談をお待ちしております!!


金持ちへの鉄則♪』&『金持ちへの道』をフル活用して!!

 → 『経済的自由』を手に入れましょう♪



                               Answered by おっさん


スポンサード リンク




※日本の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 → 参照:『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。

 → 『インフレ対策徹底本部』 『日本にハイパーインフレがやってくる!!

 → 『ハイパーインフレに便乗して!資産を10倍以上にしよう♪

 → 『資産防衛のためのハイパーインフレ特集♪

 → 『ハイパーインフレで資産100倍計画♪

 → 『FX投資でもハイパーインフレ対策♪

 → 『FX投資で資産を30倍にする!!ハイパーインフレFX投資法


金持ちへの相談所』へ戻る!!


投資資金を賢く獲得しよう♪ → 『クレジットカード利殖法♪


※今後、日本では、

 → 『消費者物価指数』が高まり、、

 → 確実に!!『インフレ』が進行していきますから、、

銀行預金にしておくと、、『大切な資産』は、

 → 実質的に減り続けていくことでしょう。。泣


また、日本の『近い将来』を分析すると、、

『貿易赤字』の定着

『経常赤字国』へ転落。。

『日本国債暴落』。。

 をきっかけにして、、

日本発の『金融危機』の勃発。。

日本の『財政破綻』が現実化

 → 『日本がハイパーインフレ突入へ!!』

 → 『日本で本当に!!ハイパーインフレが発生するのか?

 → 『ハイパーインフレ徹底対策のまとめ♪

 という流れで、、

・『1米ドル=1000円』の超円安時代。。


 になりそうな雰囲気です。。泣

なので!!

『日本円の価値』がある♪今のうちに!!


・『日本のハイパーインフレリスク』に対応しつつ♪

コカ・コーラP&GJNJ』のような安定優良企業の株式へ、

 → 資産をシフト!!しておくことで、

配当金を『3%』もらいながら、、

資産を『米ドル建て』にして、

 → 長期的な『円安』に備えることができます♪

グローバル優良企業への投資は、

・インフレ対策
・円安対策
・安定配当収入


 と、『一石三鳥』の投資なのです♪


どうかご一緒に、楽しみながら♪

投資していきましょう!!

参考:『米国株投資で1億円を目指そう!!』 『すべての日本人が米国株投資すべき理由とは?

 『米国株の高配当金ランキング♪連続増配の超優良企業へ投資しよう!

 『金持ちへの鉄則♪

アマゾン定期おトク便を活用して!月1万円生活費を節約しよう♪







Copyright (C) おっさん. All rights reserved.