打倒!金持ち父さん〜戦略的金持ちへの道〜
打倒!金持ち父さん  サイトマップ  お気に入りに追加

米国株を買える証券会社



〜米国株へ投資できる!ネット証券比較〜



米国株も、

日本株同様、インターネットで取引することができます♪

 → これも、インターネット普及のおかげですね。。(笑)


また、気になる手数料の方も、

 → インターネットのおかげで、ずいぶんと!!安くなりました♪


まあ、我々投資家にとっては、

日本株と、『ほぼ同じ環境♪』

 が整っていると言ってもいいでしょう!


当ページでは、

・『楽天証券』と
・『SBI証券』をご紹介しておりますが、


両社とも手続きは簡単♪で、

ネット上でワンクリックで♪

日本の投資家の資金を、

 → 魅惑のアメリカ株式市場まで運ぶことが可能になります♪

スポンサード リンク



現在、米国株をはじめるのであれば!!


現在、断トツで!!

マネックス証券 』が一番オススメです♪

※詳しくは!!
 → 『米国株投資するならマネックス証券が最強である!7つの理由♪



ネット証券最多!!

・『2800銘柄の米国株』へ投資できる♪

・『手数料がこれまでの5分の1♪』 → 『手数料5ドル』から投資できます♪
 

米国株の『最低取引単位』が、

・『1株』から投資できる♪


 ので、

『2万円』の投資資金があれば、

『SPY』への投資が可能です♪


また、マネックス証券では、

 → 『米国株の特定口座』の取り扱いを始めました♪

これまで、『外国株』だと、特定口座対象外でしたが、、泣

マネックス証券が、真っ先に!!

我々、個人投資家の確定申告の手間を省いてくれましたのです♪


マネックス証券で米国株へ投資すれば、

 → 面倒な確定申告の必要がない!!
のです♪


これで、投資家は、投資家の仕事に集中できますね♪

マネックス証券さん、ありがとうございました♪

今後、他社さんでも、

『米国株の特定口座』サービスを開始してほしいですね♪


『マネックス証券の優位性』は、これだけではありません!!

詳しくは!!

バロンズ徹底分析♪バロンズを読んで米国株の優良投資情報を『無料』で手に入れよう♪

 にて徹底分析してありますが、、


自分で『定期購読』する!!と、、

 → 『年間10万円』以上もかかる!!


 → 『バロンズ拾い読み』を『無料』で!!読むことができます♪


『バロンズ』は、

『アメリカ人投資家のバイブル』とされており、

アメリカでは、

『プロ』の機関投資家も、『個人投資家』も合わせて!!

 → 『30万人の投資家』が購読しております♪


マネックス証券では、

『口座保有者』に無料!!で『バロンズ』を公開している!!のです♪


凄いサービスですよね??


マネックス証券さん、心からありがとうございます!!m(_ _)m



また、さらに!!

現在、マネックス証券では、

「米国株、いつ始めるの?今でしょ!!」

キャンペーンをやっていて、大笑

米国株口座開設後、『1か月』手数料無料なんです♪

なので、米国株始める!!なら、

 → 『マネックス証券 』ですね!!


参考:『米国株投資で1億円を目指そう!』 『超優良米国株投資レポート♪


米国株へ投資できる証券会社



マネックス証券、楽天証券とSBI証券共に、

 → 口座管理料が無料♪


両社の強みを活かして!!

 → 口座開設者に無料で価値のある情報・サービスを提供!


  • 楽天証券→投資できる企業数は600銘柄と、豊富なラインアップを実現♪
    一ヶ月間に一回以上の取引があれば、無料で米国株のリアルタイム株価情報を利用することが可能です。
  • SBI証券米モーニングスター社のレポートを読むことができます♪
    モーニングスター社は、SBIグループの一員で、SBI証券は、SBIホールディングスの子会社だから読めるのです。(経営資源の有効活用ですね〜(笑))



また、ついに!!

『マネックス証券』 も、

米国株、中国株の取り扱いを開始しました!!

手数料は、一約定につき、

 → 5.25米ドルです♪



マネックス証券では、

 → 海外ETFを重視!!しており、

国際的な分散投資を効果的に行いたい、個人投資家にオススメですっ!!


以上のように、3社は、

それぞれメリットに特徴がありますことから、

米国株を始めるのであれば、3社とも口座を開設されることをオススメ致します♪


 → おっさんオススメ♪ マネックス証券への無料口座開設は、 『コチラ♪』


スポンサード リンク



 楽天証券

口座管理料は無料

取引方法は、ネットと電話の両方が可能。

過去1ヵ月の間に米国株式の取引が1度あれば、
無料で米国株のリアルタイム株価情報が利用可能。(通常の場合は、1050円/月です。)
誕生日に約定した取引は手数料無料の「おめでトレード」サービス。

ジャパンネット銀行からは手数料無料で入出金できます。
入出金の情報は、リアルタイムで口座に反映されるので、すぐに取引できます。

米国株の取り扱い銘柄数 約600銘柄
(NYSE、NASDAQ
最低購入単位 買い注文の場合10株単位〜
売り注文の場合制限なし
売買手数料 1取引につき定額31.5ドル(1000株まで)
1株ごとに2.1セント(1000株超)
口座管理料 無料
資料請求はこちら→



 SBI証券

SBI証券では、銘柄ごとの基本的な財務諸表のほか、
米国モーニングスター社の米国株レポートの日本語訳を提供しています♪


米国株の取り扱い銘柄数 約1105   (2014/4現在)
(NYSE、NYSE Arca、NASDAQ上場のSBI証券選定銘柄)
最低購入単位 1株単位〜
売買手数料 27ドル(1000株まで)
1株ごとに2.16セント(1000株超)
口座管理料 無料
資料請求はこちら→





賢い利用法(実践編)


  • 両社には、それぞれ異なったメリット(投資情報や取扱銘柄数)が存在するため、
  • 社共に口座を開設する♪ことで、
    その場その場で両社を適切に『使い分ける』ことも良い選択肢だと思います♪
  • 特に、『米国株』は日本語による投資情報が少ないですから、
    ネット証券から収集できる情報は貴重です♪
  • 『米国株』は『中国株』と比較すると、まだまだ投資環境が整っておりませんが、
  • これから各ネット証券がどんどん参入することで、投資インフラとして素晴らしいサービスを提供してくれることを望みます♪



 グローバル投資家にオススメ♪の『ネット証券ポートフォリオ』



楽天証券 SBI証券 内藤証券

楽天証券とSBI証券の両社で、
『日本株+中国株+米国株』の投資環境が整います♪

もはや、グローバル投資家にとって、『FX投資』は外せない!投資商品ですので、
まだFX投資を始められていない方は、
まずは!勉強の意味でも始めてみることをオススメ致します。

内藤証券は、なんといっても、中国株に強いです♪
中国株へ投資する投資家に必須!の投資情報を公開しております♪

さらに!!内藤証券では、中国株も『特定口座』に対応♪しており、
投資家に確定申告の手間を省いてくれます♪





米国株投資を始めるにあたり、

唯一、異なる事としては、

口座開設の際、

・『W-8WEN』(アメリカ非住居者登録)を行うことぐらいです。

(ネット証券がやってくれますので、ご安心ください♪)


『W-8WEN』(アメリカ非住居者登録)を行うことで、

『日米租税条約』に則り、株式の売買においての

売却益の源泉徴収を免除(非課税扱い)されることになるのです♪

(つまり、減税可能になるということですね♪)


しかし、配当金においては、

米国内でも源泉徴収されてしまいます。。


また、このページで紹介している方法とは別に、

アメリカのネット証券へ直接!!口座を開設する方法もあります。

手数料も日本国内のと比べ、少しは安いそうですが、

企業情報は英語しか扱っていませんし(当たり前!)、

また、急に連絡が取りたい時などのことを考えると少し恐ろしいですね。。
(よほど英語力に自信がある方は、お試しください♪)


尚、日本株への投資は→『ネット証券の賢い活用法』
中国株への投資は→『中国株を買える証券会社』
今、熱い!外国為替証拠金取引(FX)への投資は→『FX取引会社の賢い活用法』



Copyright (C) おっさん. All rights reserved.