打倒!金持ち父さん〜戦略的金持ちへの道〜
打倒!金持ち父さん  サイトマップ  お気に入りに追加











かんぽ生命保険株』徹底分析♪

かんぽ生命』は、日本一の『生命保険会社』

がん保険』参入がポイントになる!!

『かんぽ生命株』は『買い』なのか??




〜『かんぽ生命保険株』徹底分析♪『かんぽ生命株』は『買い』か?〜





2015年11月、ついに!!

『郵政3社』が上場します♪



『郵政3社』とは、


・『日本郵政』

・『ゆうちょ銀行』

・『かんぽ生命』の『3社』
のことで、


『郵政上場』により、

それぞれの『株式』が上場する!!ことになります♪


今回は!!

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命を徹底分析♪郵政株は買いか?

『ゆうちょ銀行株』徹底分析♪『ゆうちょ銀行株』は『買い』か?

『日本郵政株』徹底分析♪『日本郵政株』は『買い』か?

 に引き続き、


『かんぽ生命保険株』を徹底分析していきます♪



スポンサード リンク





さて!!

『郵政民営化法』では、


日本政府に、


・『日本郵政株』に対しては、

 → 『3分の1超』の出資を義務付ける!!



一方で、


・『ゆうちょ銀行』

・『かんぽ生命保険』


 の『株式』については、

 → 完全に!!売却するとされております。



初回の上場では、(2015年11月)


・『郵政3社』とも!!

 → 『11%の株式』を売り出す
方針です♪



なので、上場後の『株主構成』は、


・『日本郵政』

 → 日本政府『89%』+一般株主『11%』


・『ゆうちょ銀行』

 → 日本郵政『89%』+一般株主『11%』


・『かんぽ生命保険』

 → 日本郵政『89%』+一般株主『11%』

 という構図となります♪



さて!!

『かんぽ生命』ですが、


意外と知られておりませんが、、、

実は、、

『日本一の生命保険会社』
なのです。。汗



スポンサード リンク




『総資産』を見る!!と、、


総資産

かんぽ生命 85兆円

日本生命  62兆円
第一生命  50兆円


他の生命保険会社を圧倒して!!おります。




さらに!!

『保険料収入』でも、


かんぽ生命 5.9兆円

日本生命  5.4兆円
第一生命  5.3兆円


『日本一!!』になっております♪



しかし、、


『かんぽ生命』が『保険料収入』において、、

 → 他を圧倒していない!!理由としては、



『ゆうちょ銀行』に、、

 → 『1000万円』の預金限度額がある!!
ように、、、



『かんぽ生命』においても、、

・『死亡保障の限度額』=『1000万円』

 という『規制』がある!!からです。。



さらに!!

・『がん保険』などの参入についても、、

 → 現在は、認可されておりません。。



このように、、

『民業圧迫』という『批判』がある!!ため、、


『ゆうちょ銀行』や『かんぽ生命保険』には、、

 → 『規制』がある!!
のです。。



しかし、長期的な視点でみると、、今後は!!



日本政府による『株式売却』に伴い、

 → 『規制』がなくなる!!
方向にあります♪



『郵政民営化法』では、

日本政府に『日本郵政株』への『3分の1超』の出資を義務付ける!!



一方で、、

『金融2社』の株式は完全に売却する!!

 と明記されております。



そして!!

日本政府が『金融2社』の株式を『50%以上』売却した!!後は、


『かんぽ生命&ゆうちょ銀行』は、


『新規業務』において、

 → 『政府の認可』が『不要』となり♪




『届け出』だけで!!

・『住宅ローン』

・『がん保険』


 などへ参入する!!ことができるようになるのです♪


(民間競合他社は、大反対する!!でしょうが、、、汗)




そうなれば、、、


・『1000万円』の『預金限度額』

・『1000万円』の『死亡保障の限度額』


 という『規制』も緩和される!!可能性があります♪



財務省は、金融2社株について、


まずは!!

『50%程度』になるまで段階的に売却する!!

 としていますが、、


日本政府が『かんぽ生命&ゆうちょ銀行』の株式を売却していく!!

 ことにより、


『かんぽ生命&ゆうちょ銀行』の成長性が高まる!!のです♪



それでは!!

『かんぽ生命保険』の業績をみていきましょう♪



かんぽ生命保険
 
        経常収益     純利益


2012年 12兆5386億円 677億円
2013年 11兆8349億円 910億円
2014年 11兆2339億円 634億円
2015年 10兆1692億円 817億円



『1000万円』の『死亡保障限度額』がある!!ためか、、

 → 『売上げ』が伸びておりません。。



『かんぽ生命』にとっては、、

 → 『規制緩和』が『成長のカギ』になる!!でしょう。。



さらに!!


『ゆうちょ銀行』と『かんぽ生命』は、


『日本郵便』に対して、

 → 『窓口手数料』を支払って!!
おり、、


・ゆうちょ銀行 6024億円

・かんぽ生命  3603億円


今後、『窓口手数料』がどうなるか??

 にも注目が必要ですね!!







『かんぽ生命保険』のファンダメンタルをみていきましょう♪



総資産     84兆円
自己資本   1.4兆円
自己資本比率  1.7%
利益余剰金 4110億円


ROE 5.8%
ROA 0.1%

PBR 0.6倍予想

時価総額 1.3兆円予想
純利益  840億円予想

配当利回り 5.2%予想
配当性向 30%〜50%




いかがでしょうか??


『ROA』がとんでもなく低い!!ですね。。。泣


これに対しては!!

『日本国債』中心であった。。。

『資産運用』をどう変えていくか??


 が『カギ』になる!!と思います。。



『かんぽ生命』が『グローバルスタンダート』である!!

『国際分散投資』を積極化!!すれば、、

 → 『収益』を向上させる『余地』がある!!と思います♪



また、、そもそも!!


『保険ビジネス』は、、

『ビジネスモデル』として、、


・『事業者』が『損』をしない!!

・『契約者』が『損』をする!!

 という形に『設計』されており、



『事業者』から見れば、、

 → 『優れたビジネスモデル』となっております♪



ここで!!

特に、『保険』に加入されている!!方は、


是非!!


ハイパーインフレ時代の保険加入戦略♪保険では『人生の安心』をカバーできない!

ハイパーインフレ時代の賢い生命保険加入戦略♪保険はコストが高すぎる!金融商品

終身保険徹底分析♪『保険の設計』では、『ハイパーインフレ』は想定外!!

 をご一読して頂きたい!!と思います♪



ほとんどの『生命保険会社』は『開示』していない!!

 ので、詳細はわかりません!!が、、、泣



『保険の経費率』は、、『半分』を超える!!

 とされています。。泣



つまり、、『保険料』を支払っても!!


実際に!!『保険の原資』になるのは、、

 → 『半分』以下である!!


 という衝撃的な事実がある!!のです。。泣




『保険料の半分以上』は、、

 → 保険会社の経費、人件費、広告費。。。


 になってしまう!!ということなのです。。。泣



これは、『意外』と知られていない!!『事実』なので、、


すべての『保険加入者』は、、

 → 必ず!!知っておいた方がいいと思います♪



さらに!!


『生命保険』は、、

 → 『ハイパーインフレ対応外の資産』
です。。泣



なので、、、


どんなに頑張って!!

毎月高い『保険料』を支払っても、、


10年後、20年後、30年後、、

『日本』が『ハイパーインフレ』になっていたら、、



『生命保険の価値』は、、

 → 『10分の1以下』になってしまう
のです。。大泣



そして、おっさんとしましては、、


近い将来、、、

日本でハイパーインフレが起きる可能性が高い!!

 と考えております♪


お話が少しずれますが、、


日本の借金を徹底分析♪日本の財政破綻、ハイパーインフレ突入は避けられない!

日本の財政問題は、もう手遅れ!金利が上がるだけでハイパーインフレに突入する!

日本のプライマリーバランス黒字化は無理!日本政府がハイパーインフレを選ぶ!理由

 にて徹底分析しましたとおり、、


・『日本政府の財政破綻』

・『日本のハイパーインフレ』突入!!
は確定的です。。泣


なので、我々、日本人としましては、引き続き!!

 → 『ハイパーインフレ対策』が必要ですね♪


参考:『資産防衛のためのハイパーインフレ対策♪日本円の価値が10分の1になる理由

 『日本人の海外投資を徹底分析♪『日本円』が暴落する前に『海外資産』投資を!



いかがでしょうか??


『生命保険会社』としては、、、


『インフレ』になればなるほど、、

 → 『支払い額』が実質的に減る!!
ので♪

 → 
利益が増加する!!のです。。汗」




よって、おっさんとしましては、、、


『最低限の死亡保障』をつける!!以外は、、


『将来』のために自分で!!

 → 『資産運用』をした方がいい!!


 と思います♪


参考:『資産運用の本質とは?』 『金持ちへの鉄則♪



残念ながら、、、


『保険』では『人生の安心』をカバーできない!

 のです。。泣



繰り返しますが、、とても大切なことなので♪


詳しくは!!


ハイパーインフレ時代の保険加入戦略♪保険では『人生の安心』をカバーできない!

ハイパーインフレ時代の賢い生命保険加入戦略♪保険はコストが高すぎる!金融商品

終身保険徹底分析♪『保険の設計』では、『ハイパーインフレ』は想定外!!

 をご一読して頂ければと思います♪




いかがでしょうか??


このように『生命保険ビジネス』は、、

 → 優れたビジネスモデル
なので♪


スポンサード リンク





日本最大の『生命保険会社』である!!

『かんぽ生命保険』は、、、


・『がん保険』参入

・『1000万円』の『死亡保障限度額』の撤廃

・『資産運用』の効率化

 によって!!


『収益』を向上させるポテンシャルがある!!のです♪



『かんぽ生命』がどう変わっていくのか??

様子をみていきましょう!!




『かんぽ生命株』ですが、、


上場後、暴落してしまうと、、

『次の売り出し』に困ってしまいますので、、


・『株価』は『割安』な水準で!!

 → 『売り出し』される!!見込みです♪




・『かんぽ生命株』は、


圧倒的な!!『知名度』もあり、

 → 人気化する!!可能性がありますが、、


今後の『成長戦略』については、、

 → 『規制』が撤廃されることが不可欠!!ですから、、、




上場後、『株価』が大きく上がる!!場面があれば、、

 → 一度、『利益確定』してもいいかもしれませんね♪



いかがでしたでしょうか??


今後、『打倒!金持ち父さん』では、


『郵政3社』それぞれに対して!!


『郵政3社株』に投資価値はあるのか??


『郵政株』徹底分析
をしていきたい!!と思います♪



日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命を徹底分析♪郵政株は買いか?

『ゆうちょ銀行株』徹底分析♪『ゆうちょ銀行株』は『買い』か?

『日本郵政株』徹底分析♪『日本郵政株』は『買い』か?


※もしわかりにくい部分があれば、お気軽に、

 → 『金持ちへの相談所』までご相談ください♪


また、もしよろしければ♪

打倒!金持ち父さん」をお友達にもご紹介してください♪

 → 『当サイトの運営方針』 『自己紹介


※参考:おっさんは、
2001年9月、『100万円の軍資金』で、投資をはじめました♪

 おっさんの『お金持ちへの道』途中経過♪
  → 『運用成績』、『配当金』、『不労所得グラフ♪』 『年度別運用成績』 『投資先投資レポート
  『当サイトの運営方針』 『自己紹介』 『メディア掲載履歴


投資資金を賢く獲得しよう♪ → 『クレジットカード利殖法♪


※日本の金融危機が起きる前に!!

 → 今こそ!!個人金融資産の『インフレ対策♪』が必要不可欠ですっ!!

 → 参照:『外国通貨建て資産へ投資する!!ということ。

 → 『インフレ対策徹底本部』 『日本にハイパーインフレがやってくる!!

 → 『ハイパーインフレに便乗して!資産を10倍以上にしよう♪

 → 『ハイパーインフレ徹底分析のまとめ♪



※今後、日本では、

 → 『消費者物価指数』が高まり、、

 → 確実に!!『インフレ』が進行していきますから、、

銀行預金にしておくと、、『大切な資産』は、

 → 実質的に減り続けていくことでしょう。。泣


また、日本の『近い将来』を分析すると、、

『貿易赤字』の定着

『経常赤字国』へ転落。。

『日本国債暴落』。。

 をきっかけにして、、

日本発の『金融危機』の勃発。。

日本の『財政破綻』が現実化

 → 『日本がハイパーインフレ突入へ!!』


 という流れで、、

・『1米ドル=1000円』の超円安時代。。


 になりそうな雰囲気です。。泣

なので!!

『日本円の価値』がある♪今のうちに!!


・『日本のハイパーインフレリスク』に対応しつつ♪

コカ・コーラP&GJNJ』のような安定優良企業の株式へ、

 → 資産をシフト!!しておくことで、

配当金を『3%』もらいながら、、

資産を『米ドル建て』にして、

 → 長期的な『円安』に備えることができます♪

グローバル優良企業への投資は、

・インフレ対策
・円安対策
・安定配当収入


 と、『一石三鳥』の投資なのです♪


どうかご一緒に、楽しみながら♪

投資していきましょう!!

参考:『米国株投資で1億円を目指そう!!』 『すべての日本人が米国株へ投資すべき!!理由♪

米国株の高配当金株特集♪

金持ちへの鉄則♪







Copyright (C) おっさん. All rights reserved.