打倒!金持ち父さん〜戦略的金持ちへの道〜
打倒!金持ち父さん  サイトマップ  お気に入りに追加











米国株の優良株特集♪ 

アマゾン株(AMZN)株価分析 

電子書籍ランキングでキンドルが1位獲得♪ 

〜キンドルでアマゾンの利益率は上昇する♪〜



〜電子書籍利用ランキング分析 キンドルが圧倒的な1位である理由〜



今回は、米国株の優良株特集です♪

おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム株(AMZN)株価分析』です♪



参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析』『アマゾン時価総額分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析
 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由』『アマゾン株価分析』『プライムナウ分析♪
 『アマゾンクラウド(AWS)徹底分析♪』『アマゾンの未来を徹底分析♪』『プライムナウ体験レポート♪





日本でも、

『電子書籍市場』が成長しております♪



『キンドル』など、

・『電子書籍リーダー』の普及や、

・『スマートフォン』

・『タブレット』の普及
により、

 電子書籍が急速に拡大しているのです!!



日本の『電子書籍コンテンツ市場規模』と、

今後の市場予測をみてみましょう。


2012年  『729億円』

2013年 『1010億円』

2014年 『1220億円』

2015年 『1530億円』

2016年 『1850億円』

2017年 『2390億円』



スポンサード リンク




いかがでしょうか?



4年後には、

 → 『倍以上!!』の市場


 になる予測となっています♪



日本の書籍全体の市場は、

2012年 『1兆7000億円』であり、



現在、日本では、

『電子書籍比率』が、

 → 『5%弱』
ですが、



『5年後』には、

 → 『10%』が電子書籍の時代となるのです!!




ちなみに、電子書籍の普及が先行している!!


アメリカの電子書籍市場では、


2012年 『3000億円』

 → 前年比 『+44%』と、



アメリカでも、電子書籍が急速に!!伸びております♪



アメリカでは、既に、

書籍市場全体の『20%』が電子書籍となっており、



なんと!!

「5冊に1冊が電子書籍の時代」に突入しているのです!!


おそらく、日本でも!!

・電子書籍がさらに普及していく♪

 流れになるのではないでしょうか??



さて、電子書籍の世界では、

今後の成長市場を取ろうと!!

『電子書籍ストア』が乱立!!しております。。



インプレス社が2013年12月に発表した、

『電子書籍利用ランキング』調査では、



1位 Kindleストア 『55.2%』

2位 アップルのiBookStore 『17.5%』

3位 紀伊国屋書店のKinoppy 『13.5%』

4位 楽天kobo 『11.9%』

5位 ソニーのReader Store 『11%』

6位 凸版印刷子会社のBookLive 『8.3%』



このように、、

アマゾンのキンドルの一人勝ち♪なのです!!


しかも、半年前の調査よりも、

キンドルのシェアは、

 → 『5%以上』増加しております♪



当サイト、

打倒!金持ち父さん」においても、

キンドル徹底分析』にて、

キンドルの競争力を取り上げておりますが、、


参考:『キンドルなら立ち読みし放題♪』、『キンドルには4000冊の本が入る♪
   『Kindle vs iPad比較』、『キンドルなら本が安い♪』『キンドルはiPhoneでも読める♪
   『キンドルの便利さ分析♪』『キンドルの賢い選び方♪』『タブレットならキンドルファイアHDX♪



上記ページをご覧頂ければ、


どうして??


キンドルが圧倒的な支持を得ているのか?


 ご理解頂けると思います♪



なので、おっさんは、

キンドル愛用者として!!


今後も、

アマゾンのキンドルが、

・『電子書籍』において圧倒的な独占力を保ち続ける!!

 と予想しております♪



特に!!

アマゾン株の有望性としては、

キンドルのビジネスモデル分析

 のページにて、取り上げましたが、



ビジネスモデルを比較すると!!


〜これまでの『書籍ビジネスモデル』〜

・著者作者 『10%』
・印刷屋  『30%』
・出版社  『30%』
・取次ぎ   『8%』
・アマゾン 『22%』



〜『Kindle本』でのビジネスモデル♪〜

・作者   『10%』
・出版社  『35%』
・アマゾン 『55%』



スポンサード リンク




このように、、

アマゾンにとって、

既存の書籍よりも、電子書籍の方が、

 → 圧倒的に利益率が高い!!
のです♪



なので!!今後、

電子書籍市場が成長していくにつれて、

・アマゾンの利益率上昇

 が期待できる♪と思います。




アマゾンの『未来』が楽しみですね♪

米国株である、

参考:『米国株投資特集

『アマゾンドットコム(AMZN)』への投資は、

将来性が高そうです♪

成長が楽しみですね!!

今後も、アマゾン投資徹底分析を行っていきますっ!!



※『Amazon定期おトク便』を活用する!!ことで、、

 → 簡単に!!
『生活費』を『月1万円』節約する!!ことが可能です♪


詳しくは!!

 → 『アマゾン定期おトク便徹底分析♪『生活費』を『月1万円』節約しよう!

 → 『アマゾン定期おトク便の活用法を徹底分析♪『オススメ定期便』をご紹介!

 をご覧ください♪



ところで♪

『米国株』をはじめるのであれば!!

現在、
『マネックス証券』断トツで!オススメです♪


※詳しくは!!

 → 『米国株投資するならマネックス証券が最強である!7つの理由♪


ネット証券最多!!

・『2800銘柄の米国株』へ投資できる♪

米国株の『最低取引単位』が、

・『1株』から投資できる♪

 ので、

『約4万円』の投資資金があれば、

『アマゾン』への投資が可能です♪


加えて、マネックス証券では、

 → 『米国株の特定口座』の取り扱いを始めました♪

これまで、『外国株』だと、特定口座対象外でしたが、、泣

マネックス証券が、真っ先に!!

我々、個人投資家の確定申告の手間を省いてくれましたのです♪


マネックス証券で米国株へ投資すれば、

 → 面倒な確定申告の必要がない!!
のです♪


これで、投資家は、投資家の仕事に集中できますね♪

マネックス証券さん、ありがとうございました♪

今後、他社さんでも、

『米国株の特定口座』サービスを開始してほしいですね♪



また、さらに!!

現在、マネックス証券では、


「米国株、いつ始めるの?今でしょ!!」

キャンペーンをやっていて、大笑

なんと!!

 → 米国株口座開設後、『1か月』手数料無料なんです♪

なので、米国株始めるなら、

 → 『マネックス証券』ですね!!



スポンサード リンク


以上、米国株の優良株♪

アマゾンドットコム(AMZN)のご紹介でした!!


おっさんの投資先オーナ企業一覧』へ戻る!!


おっさんも愛用しています!
最高に便利な♪『Kindle
もう、手放せません!!







Copyright (C) おっさん. All rights reserved.