打倒!金持ち父さん〜戦略的金持ちへの道〜
打倒!金持ち父さん  サイトマップ  お気に入りに追加











米国株の優良株 

アマゾンクラウド(AWS)』徹底分析♪

アマゾンクラウドで『一人勝ち』している理由

アマゾン株(AMZN)』株価分析



〜『アマゾンクラウド(AWS)』徹底分析♪アマゾンがクラウドで一人勝ち!!〜




今回は、米国株の優良株特集です♪


おっさんも投資している!!米国株である、

『アマゾンドットコム株(AMZN)株価分析』です♪



参考:『キンドルのビジネスモデル分析』『アマゾンプライム分析』『アマゾン時価総額分析
 『アマゾンがネットショップの王様である理由』『アマゾンの独占力分析
 『キンドルが電子書籍ランキング1位である理由』『アマゾン株価分析』『プライムナウ分析♪
 『アマゾンクラウド(AWS)徹底分析♪』『アマゾンの未来を徹底分析♪』『プライムナウ体験レポート♪





個人投資家の皆様は、


アマゾンが『クラウドビジネス』を展開している!!

 ことをご存知でしょうか??



アマゾンのクラウドは、、

 → 『AWS』と呼ばれるサービスで、

 → 『アマゾン・ウェブ・サービス』の略です♪



アマゾンが『AWS』を始めた!!のは、

 → 2006年です♪




アマゾンは、

オンラインショッピング事業の『派生ビジネス』として!!

 → 『AWS』を開始した!!のですが、



アマゾンは、


アマゾンドットコム』を支える!!

 → 『コンピューター運営ノウハウ』を積み上げてきた♪


 ことから、


・『自社のコンピューター』を『他社』にも!!

 → 使用させる!!
ことで、

 → 『料金』を徴収する!!事業を始めたのです♪




スポンサード リンク




そして、


『アマゾンクラウド』を始めてから『10年』が経過した!!


今では!!


『AWS』は、


『クラウド市場』において!!

 → 『約52%』とトップシェア
を握っている!!のです♪



しかし、、これまで、アマゾンは、

 → 『クラウド事業』の業績を開示してきませんでしたが、、



2015年4月、

『クラウド事業の業績』を初めて開示した!!

 ことにより、



株式市場では、

 → 大きな『サプライズ』になりました!!汗





・『アマゾンクラウド』に関する『事前予想』では、、

 → 『クラウド』は『赤字』である!!

 というものでしたが、、



なんと!!

『AWS』は、

『過去1年間』において、、


・売上高  51億ドル +49%

・利益    7億ドル


・営業利益率  13%

 という素晴らしい内容だった!!のです♪




さらに!!

『アマゾンクラウド』の成長は加速します♪


つづいて、、

2015年10月に発表された!!


『第3四半期決算(3か月間)』では、



『AWS』は、、


・売上げ  21億ドル  +78%

・営業利益  5億ドル +432%


・営業利益率 25%

 となった!!のです♪



スポンサード リンク





『AWS』は、


アマゾン全体の『売上高253億ドル』に対して、

 → 売り上げの『8%』を占める!!
までに成長を遂げ、



さらに、、


・アマゾン全体の利益率  『4%』

・AWSの利益率    『25%』

 という『数字』を叩き出している!!のです♪




いかがでしょうか??


『アマゾンクラウド』は、、


とんでもない『成長率』で!!


とんでもない『高収益』なのです♪





それでは、、


『競合他社』と比較したらどうでしょうか??



代表的な『クラウド専業』企業である、


『セールスフォースドットコム』の


2015年1月期の売上高は、

 → 『54億ドル』と、


アマゾンクラウドをわずかに上回りましたが、


『営業利益率』では、、

 → 『10%』と『AWS』を下回っている!!
のです。。




『アマゾンクラウド』は、


『専業クラウド会社』よりも、

 → 『利益率』が高い!!
のです♪



やはり、、


『世界一のオンラインショップ』を運営している!!

 という『実績』が、何よりの『強み』ですね♪




さらに!!

『AWS』は、

 → 『顧客』にとってもやさしい!!そうです♪



2008年〜2014年にかけて、


『AWS』は、

 → 『42回』も!!『値下げ』
をしております♪



その後も、、


積極的に公表されていないようですが、、


定期的に『AWS』は、

 → 『値下げ』を続けている!!
そうです♪



このように、、

『AWS』は、

 → 積極的に『値下げ』をする!!

 ことで、

 → 『価格競争力』を高める!!とともに、


『ライバル他社』に対して!!

 → 
大きな『参入障壁』を構築している!!のです♪



加えて!!


『営業利益率25%』をキープしている♪  

 のですから、、


『アマゾンクラウド』は、、

 → とんでもない!!ビジネスですね♪










さて!!


将来的な『アマゾンクラウド』のライバルとしては、、、


・セールスフォースドットコム

・マイクロソフト

・IBM
 『IBM株投資分析♪

 などが挙げられますが、、



おっさんの予想では、、


『アマゾン』が勝ち残る!!

 → 可能性が高い!!
と思います♪



何故ならば、、

『極論』を言えば!!



『アマゾン』は、、

『クラウド』が『本業』ではない!!からです♪



よって、無理に!!


『大きな利益』を出さなくても!!

 → 積極的に『値下げ』をして!!

 → 『シェア』を取りに行く!!


 ことが可能だからです♪




アマゾンの『この戦略』は、、、


『本業』である!!

アマゾンドットコム』で行っているビジネスと同じです♪



歴史的に、、

アマゾンは、


『顧客第一』で!!ビジネスへ投資しており、、

 → 
『利益』は、『優先順位』が下がる!!のです♪



なので、おっさん予想では、、



『アマゾンクラウド』は、、


他社がクラウドビジネスからあきらめて撤退するまで!!


 → ひたすら『サービス』を向上させて♪

 → 淡々と『値下げ』をしてでも!!

 → 『シェア』を取り続ける!!
と思います♪




それでは、、


『AWS』は、

一体、どのような会社が利用しているのでしょうか??




『アマゾンクラウド』は、、

『世界190ヶ国』、『数十万社』の企業が利用中です♪



たとえば、、

シーメンス、シェル、ノキア、サムスン、ケロッグ、ナスダック

 などの『グローバル企業』や、



日本企業では、、


NTTドコモ、ソニー銀行、マネックス証券、オリンパス、

京セラ、カシオ、シャープ、鹿島、日経新聞、電通、

東証、花王、ローソン、朝日新聞、日本赤十字社、

東急ハンズ、無印商品、パナソニック、東芝、毎日新聞

 など日本を代表する!!『大企業』が利用中です♪


参考:『米国株投資でマネックス証券が最強である!!7つの理由♪



おっさんの印象では、、


『NTTドコモ』のような、、


『保守的な大企業』が『AWS』を利用している!!ことに、


『驚き』とともに!!

 → 『AWS』のポテンシャルを感じました♪



しかも、、

『NTTドコモ』の場合、


グループ会社である!!

『NTTデータ』も『クラウド』を展開している!!

 にもかかららず!!


 → 『AWS』を選択している!!のです♪



さらに、


『銀行』や『証券会社』など、

 → 『セキュリティ』を大切にする業種においても!!

 → 『AWS』が支持されている!!

 という事実は、


『AWS』が素晴らしいサービスを展開している証拠ですね♪



おっさんが『愛用』している!!


『日経電子版』も!!

 → アマゾンクラウドを愛用しているようです♪笑



いかがでしょうか??



『アマゾンクラウド』は、、


我々が知らないところで!!

 → 
社会に浸透している!!のです♪


『AWSの未来』が楽しみですね!!



スポンサード リンク





それでは、、


『アマゾンクラウド』が、、

 → 
『アマゾンの株価』にどう影響していくのか??



『アマゾン株』は、買っていい水準なのか??

 分析していきましょう♪



2015年10月の『第3四半期決算(3か月間)』では、


『AWS』は、、


・売上げ  21億ドル  +78%

・営業利益  5億ドル +432%


・営業利益率 25%

 でしたが、、



『アマゾンクラウド』は、、1年間で!!

 → 『20億ドルの利益』を出せる見込みです♪



しかし、、

『アマゾンの時価総額』は、、

 → 『3100億ドル』ですから、、


『クラウド』だけでは、、

 → 『155年分の利益』が必要です。。泣



加えて、、

『アマゾンの本業』は、、相変わらず、、

 → 『成長第一』で!!進行しているので、、


アマゾンドットコム』が『利益貢献』する!!のは、

 → まだまだ『先』のことだと思います。。泣



また、

『クラウド』がどこまで儲かるビジネスになるのか??

 についても、経過観察が必要です。。



まだまだ、

『倍々ゲーム』で!!

 → 成長する可能性が高い♪
ですが、、



ライバルとの『競争』が激化する!!と、、

 → 『利益率』が低下する可能性が高い!!です。。汗



『アマゾン株のファンダメンタル』を見ていきましょう♪



時価総額 35兆円


PER 365倍

PBR 28.8倍



いかがでしょうか??


『ファンダメンタル』をみてしまうと、、


とんでもない『割高銘柄』になってしまいます。。泣



しかし、、

長期的に見れば、、


アマゾンは、

 → まだまだ『成長』できる!!企業
ですから、、


参考:『アマゾン株価分析♪アマゾンの輝かしい未来を徹底分析♪



『アマゾンの株価』は、、

 → 投資家の『大きな期待』を背負い続ける!!

 可能性が高いです♪



なので、しばらくは、、


『クラウド事業』の成長が鈍化する!!までは、、


『AWS』の業績成長に伴って!!

 → 『アマゾンの株価』は高値更新していく!!

 可能性が高いと思います♪




よって、

『クラウド事業』の成長が鈍化するまでに!!


『本業』の『アマゾンドットコムの利益率』が向上していれば、、


『アマゾンの株価』は、

 → 長期的に!!『成長』を続けていく
ことでしょう♪




今後もし、『割安』になるタイミングで!!


『アマゾン株』が安く買えるチャンスがあれば、

 → アマゾン株へ投資しても面白い!!

 と思います♪


資産運用において、一番大切なことは何か?



もしくは、まずは!!


『アマゾン株』へ『少額投資』を行い、


その後、割安になったタイミングで、

 → 追加投資!!

 というスタイルもいいと思います♪



おっさんとしましては、


引き続き、

『アマゾン株』へ投資を続ける!!ことで、

『アマゾンの未来』を応援していきたい!!と思います♪




※キンドルはかなりオススメです♪

参考:『キンドルなら立ち読みし放題♪』、『キンドルには4000冊の本が入る♪
   『Kindle vs iPad比較』、『キンドルなら本が安い♪』『キンドルはiPhoneでも読める♪
   『キンドルの便利さ分析♪』『キンドルの賢い選び方♪』『タブレットならキンドルファイアHDX♪




いかがでしたでしょうか??



アマゾンの『未来』が楽しみですね♪


米国株である、


参考:『米国株投資特集


『アマゾンドットコム(AMZN)』への投資は、


将来性が高そうです♪

成長が楽しみですね!!


今後も、アマゾン投資徹底分析を行っていきますっ!!



※『Amazon定期おトク便』を活用する!!ことで、、

 → 簡単に!!
『生活費』を『月1万円』節約する!!ことが可能です♪


詳しくは!!

 → 『アマゾン定期おトク便徹底分析♪『生活費』を『月1万円』節約しよう!

 → 『アマゾン定期おトク便の活用法を徹底分析♪『オススメ定期便』をご紹介!

 をご覧ください♪



ところで♪

『米国株』をはじめるのであれば!!

現在、

『マネックス証券』断トツで!オススメです♪


※詳しくは!!

 → 『米国株投資するならマネックス証券が最強である!7つの理由♪



ネット証券最多!!

・『2800銘柄の米国株』へ投資できる♪

米国株の『最低取引単位』が、

・『1株』から投資できる♪

 ので、

『約7万円』の投資資金があれば、

『アマゾン』への投資が可能です♪



加えて、マネックス証券では、

 → 『米国株の特定口座』の取り扱いを始めました♪


これまで、『外国株』だと、特定口座対象外でしたが、、泣


マネックス証券が、真っ先に!!

我々、個人投資家の確定申告の手間を省いてくれましたのです♪


マネックス証券で米国株へ投資すれば、

 → 面倒な確定申告の必要がない!!
のです♪


これで、投資家は、投資家の仕事に集中できますね♪

マネックス証券さん、ありがとうございました♪

今後、他社さんでも、

『米国株の特定口座』サービスを開始してほしいですね♪



また、さらに!!

現在、マネックス証券では、


「米国株、いつ始めるの?今でしょ!!」

キャンペーンをやっていて、大笑

なんと!!

 → 米国株口座開設後、『1か月』手数料無料なんです♪

なので、米国株始めるなら、

 → 『マネックス証券』ですね!!




以上、米国株の優良株♪

アマゾンドットコム(AMZN)のご紹介でした!!


おっさんの投資先オーナ企業一覧』へ戻る!!


参考:『米国株投資で1億円を目指そう!!』 『すべての日本人が米国株投資すべき理由とは?

金持ちへの鉄則♪

アマゾン定期おトク便をフル活用して!生活費を月1万円節約しよう♪


おっさんも愛用しています!
最高に便利な♪『Kindle
もう、手放せません!!









Copyright (C) おっさん. All rights reserved.